西アフリカを旅する上で非常に重要なモノとは

西アフリカを旅する上で非常に重要なモノとは

もしあなたが旅に出る時、旅行先の情報はどこから手に入れますか。

 

ガイドブック、インターネット、友人から、など色々な入手方法があると思います。

 

もし、あなたがガイドブックにも載っていない、インターネット情報もない、友人ももちろん行った事がない秘境(情報が溢れた現在、秘境とは存在しないようですが・・・)に行く時、旅行先の情報はどこから手に入れますか。

 

『そもそもそんな所は行かない』が正解かもしれません

 

情報ノートの情報は貴重な情報源である

アフリカの秘境と言われる西アフリカ。

まず、西アフリカとはどこを指すのかといいますと・・・

西アフリカとは、モロッコから下のモーリタニアから南の国20ヵ国を言います。

地図で表すとここです。

そのうち私は13ヵ国滞在しました。

 

アフリカを旅しているというだけでも変人ですが、その中でも西アフリカを旅する旅人は狂人ばかりでした。

もちろん、私を含め。

 

西アフリカのガイドブックはない

私が西アフリカを旅する上でとてもお世話になったのが情報ノートです。

日本人が集まる宿には必ず置いてあります。

もしなかったら作ったりします。

それぐらい西アフリカに行く旅人は少なく、生きた情報が限られています。

日本には西アフリカのガイドブックはありません。

東アフリカと南アフリカはありますが、内容が薄く使い物になりません。

私はロンリープラネットという英語のガイドブックで旅していました。

 

情報ノートには書く人の個性が出ていてとても面白い!!

情報ノートは日本の旅人独自の文化で、それぞれの旅人が今まで旅してきたルートの有力情報が記入されています。

特にアフリカ、アフリカの中でも秘境と言われている西アフリカは本当に情報が少なく、旅行する難易度はとても高いです。

『入国するまでにどんな情報でもいいので、情報が欲しい!』と実際私も思っていました。

 

旅行者が少ない西アフリカは旅行をする為にかかる宿代が高いです。

安宿なんてほとんどありません。

そういう時に情報ノートに安宿情報が書いてあったりすると、最高にテンションが上がります!!

 

美味しいご飯屋さん情報も貴重です。

その辺の車がバンバン通る道端で鍋広げておばちゃんがやってる店がおいしかったりするのです。

ガーナで食べた道端店の、久しぶりに豚骨ラーメンを思い出させてくれたウガリスープは未だに忘れられない。

2杯食べたし、今でも食べたい!

コレ↓

このご飯屋さんの情報はもちろん情報ノートに書きました。

 

マラリアの基本情報を知ったのも情報ノートでした。

アフリカの熱帯性マラリアは4日放置すると死ぬと言われているぐらい危険です。

実際、一緒に旅していた友達は、まんまとマラリアになり、一緒に旅出来なくなり、日本に強制送還されました。

冗談抜きで私が病院に入れてなかったらその友達は死んでいたでしょう。

私はその情報ノートの書き込みにより、私がマラリアになる事はありませんでした。

気を抜いて、アジアで発症しちゃったんですけどね~(笑)

 

情報ノートには、安宿、安い移動方法、おいしくて安いご飯、日用品が安いお店など基本リーズナブル情報が溢れています。

しかし、誰でも書き込めることが出来るノートです。

そんな有益な情報だけではありません。

どうでもいいアホっぽい情報や、何だこれ?っていう意味不明な落書きもあります。(笑)

トルクメニスタン『黄金のバシュ像』5体の場所を見つけたゼ!!情報とか。

パキスタンを旅する日本人の間で有名な爺さんの似顔絵とか。

 

*上記を軽く説明すると、トルクメニスタンという中央アジアの国には、国王であるバシュの金の銅像が首都に8体あります。

私は、その場所の情報どころか、そんなものがあることすらこの国に入るまで知りませんでした。

普通に街中を歩いているだけで3体出会いました。

そんなキンピカの黄金の銅像、見たら誰でも写真を撮りたくなりますよね。

しかし、写真を撮ったら銅像前に常備している軍人に執拗に追いかけられるというのもあるあるネタ・・・。

ちなみに、後々、この情報を書いた人とタイで出会って、今では友達です。

旅人業界は、友達の友達は皆友達である確率が高く、激狭業界なのです。

↑軍人に止められてるのに、無視して撮っている様子

 

日本大使館に情報ノート!?

話が逸れましたが、

西アフリカのような旅人が少ない国々には、なんと!!日本大使館にも情報ノートがあります。

セネガルカメルーン情報ノートを見る為に日本大使館に入れます。

セネガルの日本大使館には日本書の図書館までありました。

日本書籍に飢えていた私にはまさに夢の国でした。

 

旅中、情報ノートを見るのが楽しみで大好きでした

このように、旅人が少なく生きた情報が少ない僻地では情報ノートが大活躍します。

西アフリカは生きた情報が特に少ないので、よっぽどの冒険好きではない限り、情報ノートを上手く活用して旅する事をおすすめします。

興味がある人は、次の旅で情報ノート探してみて下さい。

そして、見つけた人は是非書き込んでみて下さい。