海外でぼられない方法

海外でぼられない方法

 

海外には値段表示がない国がほとんどで、値段交渉しなくてはいけない場面が数多くある。

そういう時ぼられないようにするにはどうしたらいいか。

そもそも、ぼるって、何?
日本語?

そう思った方もいるかもしれない。

簡単に言うと、

商品を売る時の価格に利益をめっちゃ上乗せする。

って事。

元々は『暴利』(不当な料金を取って利益をむさぼる)からきている言葉らしい。

調べてみて、意味に使われてる日本語の汚さにビックリ!

海外では定価というものが存在しない国もあり、こういうことが日常茶飯事に行われる。

最近、『ぼられないようにするにはどうしたらいいか!?』と質問されたので、それについて書いてみる。

 

ぼられないようにする方法はない

 

『絶対にぼられるもんか!』とか

『値切り倒してやる!』って思っている時って、

面白いもんでぼられている。

 

『ちょっとぐらい高くてもいいや、気に入ったら買おう!』ぐらい、

軽い気持ちの時は、結果的にそんなにぼられていない。

ぼられていても気にしていないぐらいが丁度いい。

 

『引き寄せの法則』ではないが、思考がマイナスに傾いている時ほど、ぼられている可能性が高い。

 

売ってる相手も人間なので、『値切り倒してやる!』っていうゴリゴリの人に安くしてやろうとは思わない。

 

にこにこ笑って、『これ欲しいけど、ちょっとだけまけてくれる?』って言うお客の方が少しぐらいおまけしてあげようと思う。

 

もし自分が店員だったらと考えたらわかりやすい。

ぼられるかどうかは、買う人の気持ち次第で変わる。

そして、100パーセントぼられないようにする方法はない。

 

世界一周中は値切りっぱなし、ぼられっぱなし

海外104か国旅してきて、4年間値切りっぱなしの毎日を送ってきた。

値切るテクニックは山程持っている。

泣き落とし、褒め殺し、捨て台詞、喧嘩、、、

結局、どんな手を使っても、相手が怒っていたり、納得していなかったら意味がないし、何より後味が悪い。

 

お互いに嫌な思いをしてまで買ったものは、その買ったものを見るたびにその思い出も蘇る。

 

お互い笑って、楽しく買い物出来た時は多少ぼられていても、満足感で終わる。

 

ポジティブシンキングは最強!

いやいや、そんな甘い考えじゃ駄目でしょ。

もっと何かないの?

あんた104ヵ国も旅してきて結局それ?

って、思う人もいるだろう。

しかし、結局はそれ。

ポジティブな気持ちが重要なのだ。

 

ポジティブシンキングで旅行が数倍楽しくなる!

3年10か月の間、104ヵ国で、毎日毎日値切り倒した事、1万回以上。

だからこそ、この結論!

結局、ぼられるのを100パーセント防ぐ方法はない。

無理!!

 

所詮、売り手市場。

それならそこを割り切って、楽しく、笑って買い物してお互いにWINWINで終わる方がいい。

なので、買い物に行く時の気構えは常にポジティブ。

 

『値切ってやるぞ~!!』じゃなく、『欲しいもの買うぞ~!!』です。

ぼられたとしても、日本円に換算してみてよ。

たかが知れている。

 

世界一周中、現地で値切りまくってた私を知ってる人がこれを読んだら、

『お前何言ってんだ!?お前が言うな!』

って絶対突っ込まれますけどね。

 

そんな私だからこそ、これが私の悟った方法。

たかが数円高くったっていいじゃない!

命取られるよりマシ。

 

それぐらい気楽にいったら旅行が数倍楽しいことは間違いない!

 

 

※104か国で1万回以上値切り倒したティカルのプロフィールはこちら