佐賀はよいとこ一度はおいで!

佐賀はよいとこ一度はおいで!

世界一周中、日本人に会うと大体聞かれる。

dummy
とある日本人

日本のどこの人?

dummy
ティカル

佐賀県です!!

そう答えるとだいたいこういう答えが返ってくる。

dummy
とある日本人

え?!
佐賀?
まじで!?
人生で初めて佐賀人に会ったわ~。

とか

dummy
とある日本人

佐賀ってどこだっけ!?
琵琶湖のとこ?

とか、絶対に突っ込まれる。

dummy
ティカル

馬鹿にしとんのか!?

実際に言われた一番最低な発言はコレ!

dummy
とある日本人

佐賀の女性って、
若いうちに結婚して子供6人くらいいるイメージ。
世界に出なさそう!

いつの時代やねん!?

江戸時代か!?

そもそも滋賀県人にがらるっで!(佐賀弁で『怒られるで!』の意)

そういう失礼なふとどき者の為に、佐賀の素晴らしい所を山程紹介していこう!

佐賀県は世界的に有名な”やきもの”の産地‼

私の力作!陶芸学校の卒業制作

世界一周へ行く前、伊万里の陶芸学校に通っていた。
人間国宝の弟子だった先生から習っていたので、
人間国宝から習ったようなものだ。
本気で陶芸家になるつもりだったので
(っていうか、今も諦めてない)色々と勉強した。

社会で習うし、あまりに有名なのでみんな知っていると思うが、
有田焼、伊万里焼は、磁器発祥の地。
有田焼、伊万里焼は磁器(石)で唐津焼は陶器(土)。

特徴を簡単に説明すると、
有田焼は柿右衛門の赤絵が有名で、
伊万里焼は鍋島の殿様御用達、
唐津焼は「一楽二萩三唐津」と言われる程、昔から人気。
私の地元、鳥栖の近くには白石焼というやきものもある。
生活の身近なところに”やきもの”の”文化が根付いている。

佐賀県は、
世界的に有名な”やきもの”の産地なのである。

温泉通だけが知っている!?佐賀県の温泉

超有名!武雄温泉の楼門☆★

九州の温泉といえば、
湯布院温泉や別府温泉、指宿温泉が全国的に有名。

そもそも九州はたくさん温泉があって、
佐賀には、
名前は売れてないけど、
お湯の質はピカイチな知る人ぞ知る温泉がある。

代表的な3つの温泉をご紹介!!

佐賀県の温泉といえば、まずは嬉野温泉!

『日本三大美肌の湯』のひとつで、
このキャッチコピーだけで行きたくなったことだろう。

嬉野温泉は、湯豆腐が名物!
某マンガにも採り上げられたとか!?
この豆腐!とろける豆腐で有名!
是非、ご賞味あれ!

まだまだあるよ。
次は、武雄温泉!
昔、お殿様が通った程の温泉!
今も殿様湯として残っており、利用料も殿様級!!
ここで殿様気分を味わうもよし!

最後にご紹介するのは、古湯温泉!

古湯温泉は、佐賀から福岡に抜ける道にあり、
38℃のぬる湯で有名。
近くに九州唯一のスキー場があり、スノボ帰りによく寄ってたっけ。
懐かしいなぁ~

1回で2度おいしい!?呼子のイカ

透明‼これこそ佐賀の宝石☆★呼子のイカ

九州外の人で呼子のイカを知っていたら正直、通だと思う。
ちなみに、呼子と書いて『よぶこ』と読む。

佐賀のいいとこを自慢していたある日。
サウジアラビア人の知人(見た目の話、中身は日本人)がこう言った。

dummy
とあるサウ人

ココって読むの?
んでココのイカって、
ココイカ→ココイチみたい!

dummy
ティカル

・・・・・なんじゃそら。

透明でプリプリのまだ足が動いているイカを
まず活き作りの刺身でいただく。

刺身がなくなると、
下足の部分をお姉さんが回収しにくる。
それを天ぷらか塩焼きか煮付けにしてくれる。
食べたいものを選べる。

私のおすすめは、もちろん天ぷら!!

店によって、天ぷら一択です。
それが一番間違いない!

バルーンフェスタへ行こう!

少し寒くなったきた頃。
毎年11月3日文化の日前後、
佐賀市の嘉瀬川河川敷で行われるバルーンフェスタ。

気球の世界大会である。

この写真はトルコのギョレメ(笑)

世界大会ですよ、世界大会

dummy
ティカル

あなたの県で行われる世界大会って何かある?!

佐賀には世界レベルのものが2つもある!
凄い!!
佐賀県凄い!!

dummy
とある日本人
しつこい・・・。

そんな大会がなぜ佐賀で開かれているのか。
それは、世界一高い建物がないから。
高い建物が近くにある場所だと気球なんて飛ばせないからね。
佐賀市の1番高い建物、県庁11階。
未だにそれはかわっていないようで、

素敵すぎる!
素敵すぎるぞ!
佐賀県!

バルーンは、明け方や夜が最高に美しい!

佐賀大学に通っていたので、
体育時間のゴルフをやっている時に
すごい数の色とりどりで形も様々なバルーンが秋晴れの空に見えていた。

私にとってバルーンは日常だった。
あんまり特別感がない故郷の風景。

トルコのカッパドキアという奇岩の景観が美しい世界遺産では、
気球からカッパドキアを見下ろすというツアーが人気。

気球に乗るわけでもないのに、
早朝の気球が膨らむ所から参加して、
沢山の気球がカッパドキアの絶景の中を飛んでいるのを見た時、
久しく見ていない故郷佐賀の景色を思い出し涙が出た。

世界の佐賀は凄いんだ!!

どこに行っても馬鹿にされ、
ネタにされ続けたけれど、
改めて佐賀のいいとこをまとめてみるとやっぱり凄い。

大好きやわ~。

ニックネームにするぐらい佐賀をリスペクトしているのは
私ぐらいじゃないだろうか。

もうすぐ佐賀を出て10年。

私の心はいつもふるさとにあるし、
いつでもその風景を思い浮かべることが出来る。

都会の福岡、観光地の長崎に挟まれた地味な佐賀。
日本人が忘れかけている風景がそこにはある。

私の大好きな佐賀。

佐賀はいいとこ、一度はおいで!